News
パソコンを持つ女性

サイト運営者が自社のホームページのアクセス数を向上させたいと思うのは自然のことです。
しかし、闇雲な手段でアクセスを増やそうとするとGoogle側からペナルティが科されることもあります。
どういったことをすると手動ペナルティが科され、それについてはGoogleウェブマスター向けガイドラインに記されています。

自動ペナルティの内容としては検索順位の急落などがあり、その中には手動ペナルティや自動ペナルティが存在します。
自動ペナルティの場合はそこまで重いものではありませんが、サイト運営において不利益になってしまうことがあります。
また、serch consoleに通知されないという特徴もあるので、手動ペナルティや自動ペナルティにはトラフィックの観点から注意しておく必要があるといえるでしょう。

被リンクのつなぎ方や外部要因などで起こってしまう可能性がありますが、検索順位を上げたいということがあっても、ガイドラインを破るようなことがあってはいけないということです。
違反があると見なされた時に不服がある場合は、再審査の申し入れをする必要があります。
圏外にされてしまうとアクセス数が大幅に下がる可能性があります。
Googleウェブマスター向けガイドラインや品質に関するガイドラインを入念にチェックしておく必要があるといえるでしょう。

検索順位の急落があったときには手動ペナルティや自動ペナルティが科されているかもしれません。
特に手動ペナルティはトラフィック上の大幅なリスクにもなりえます。
serch consoleで確認するだけでなく、ホームページの内容をよくチェックしておきましょう。
被リンクや外部要因で違反してしまうこともあるので、リンク先の内容を確認することも大切です。
検索順位が高いということはアクセス数を上げるために重要なことですが、検索順位が高いとその分違反しているかどうかをチェックされる機会が増えるということでもあります。
再審査によって違反と見なされると圏外まで一気に落ちてしまうかもしれません。
ペナルティを科されるとリンクを繋ぎあっている関係のサイトにも迷惑をかけてしまう恐れもあります。
ホームページの運営者としての信用を損ねてしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

検索順位の急激な低下には何らかの理由があります。
その理由として自動ペナルティが実行されていることも多くなっています。
品質に関するガイドラインは定期的に更新されます。

人気記事一覧
    サイト内検索