キャッチコピーやタイトルの付け方

サイトをアピールする要素の1つになるのがキャッチコピーです。
キャッチコピーをきっかけとしてヒットする商品があるのと同じく、キャッチコピーでアクセスのきっかけを作ることが出来ます。
キャッチコピーを考えるときに重要となるのが文字数です。
文字数があまりにも長いと最後まで読んでもらえないリスクがあります。

記事タイトルについても同じことが言えます。
情報を発信するだけでなく、読みやすいものが記事タイトルとして向いています。
一度タイトルを決めると混乱を防ぐためにもあまり変更を行いません。
そのため、最初に決めるときにキーワードを適度に入れつつ、クリック率の高まるようなものにしておくことが重要となります。
文字数についてはだいたい30文字以内にしておくと読みやすいです。
競合上位と似たタイトルになると検索結果が表示されたときに上位に表示されることが少なくなり、アクセス数の面で不利となってしまうことがあります。
title要素を含む言葉をどうやって入れるかが重要です。
キーワードをシェアするようなケースは極めて稀です。
キャッチコピーを考えるときには色々な方法があります。
その1つが真逆の言葉を入れることです。
「小さな巨人」のように真逆の言葉を入れるとインパクトが強くなります。
記事タイトルにも同様に意識をしても良いかもしれません。
漢字、ひらがな、カタカナの使い方も重要となっています。
漢字で書いた方がインパクトが出るときもあれば、カタカナであえて違和感を演出するということも考えられます。
その工夫の1つ1つがアクセスを増やすことに繋がります。
キーワードはある程度決めておきましょう。
文章力を上げるテクニックの1つとして同じ言葉を出来るだけ使わないというものがありますが、逆に頻繁に同じ言葉を連発するというテクニックもあります。
一般常識にとらわれない文章構成にすることが有効になることも珍しくありません。
いずれにしてもクリック率を高めるために試行錯誤を重ねる必要があるといえるでしょう。
30文字以内というと短いようで、実はそうでもありません。
競合上位との差別化を果たし、検索結果に表示させやすくすることは十分に可能です。
あとはtitle要素やシェアなどの特徴を知っておくことが有効になります。
文字数をあえて極端に長くして違和感を生み出し、注目を集めるという逆説的なテクニックもあり、正解はないといえるでしょう。

人気記事一覧
サイト内検索