記事がインデックスされないときは

パソコンとスマホ

Googleにインデックスされないときはアクセス数を順調に増やすことが出来なくなってしまうことがあります。
サーチコンソール上で正常となっていたとしても、クローラビリティによって異常が発見されることは少なくありません。
XMLサイトマップを確認し、コンテンツの質を高めることが出来る可能性があります。
Fetch as Googleとペナルティのことを踏まえてサイトの運営を行う必要があります。

インデックスされない理由として多いのがrobot.txtの設定でクロール拒否の記述をしているケースです。
設定を変更することによって解決をすることが出来ます。
URLを変更したときにはインデックスされないという問題がよく発生しています。
貧弱なリンク構造によってクローラーが巡回しづらくなっていることもあります。
他にもペナルティを受けている中古ドメインでサイト運用している場合であっても、クローラーを正常化させることが重要となります。

サーチコンソールを上手く活用することによって、インデックスされやすくすることが可能となります。
クローラビリティやXMLサイトマップについては詳しい人物に依頼して見てもらうのも有効といえるでしょう。
コンテンツの質を高めることで検索順位の高さにふさわしいサイトだと判断してもらいやすくなります。
Fetch as Googleを使用することで正当性を高めることも可能です。
サイトを効率よくクロールさせたいという方には特におすすめとなっています。
ペナルティが発生していたとしてもrobot.txtとURLをチェックし、正常化することによって再審査に持ち込める可能性もあります。

Fetch as Googleツールを使うことでURLのクロールのテストをすることも出来ます。
効率よく工夫したいという場合には利用することをお勧めします。
取得させたいURLのパスの要素をテキストボックスに入力します。

パスワードについてはルートからの相対パスで指定する仕組みになっています。
テキストボックスを空欄のままにしているとルートページを取得することが出来ます。
取得するURLは現在のサイトに限定されるので注意しておきましょう。
不当なリンクなどを繋いでいるとペナルティが科されてしまう可能性が高くなります。
インデックスへの再登録を行うことによってサイトの検索順位を上げられる可能性もあるので、様々な手段を用いてホームページの状況を向上させていくことが大切です。

人気記事一覧
サイト内検索